クレジットカードは寄り道してこそ

今や社会人のみならず学生でも所有しているクレジットカード、私は遅ればせながら30歳を超えて発行してもらった遅咲きです。そんなビギナーユーザーでも結構うまい具合にお得な使い方があったりするのです。

一番のポイントとしてあげたいのは、クレジットカードの発行元のサイトなどに直接アクセスして申し込むのはオススメしないということです。ダメとは言いませんが、それは自らおいしい部分を避けているのと同じことと言えます。では一体どうすればいいのか、疑問を持たれることでしょう。それは近年よくみられる、ちょっとしたお小遣いなどが稼げるようなポイントサイトを経由して申し込むということです。

そうするとクレジットカードの発行元からのポイントはもちろんポイントサイトからもポイントが付与されるというダブルチャンスのような、まさかの状況が得られるのです。「でも500円分くらい何でしょ」なんて思っていませんか。いやいやそれはあまりにも知らなさ過ぎます。私は某クレジットカードを申し込んだ時には12000円のポイントが付与されました。

そして発行元からはいくつかの条件を満たしたことで8000円分のポイントを獲得、合計20000円分を得ることに成功したのです。おかげで欲しかったスニーカーとゲームソフトを1円も使うことなくゲットできてしまいました。

これで味を占めた私は、高ポイントが得られる他のクレジットカードも申し込み、全体で計35000円分くらい得させていただきました。ポイントサイトから付与されたポイント分は現金に換えて通帳に入れて貯金しておくこともできるので、期限内にポイントを使わなければなんてプレッシャーを感じることもありません。

ただ気を付けることがいくつか、まずは年会費無料のクレジットカードを選択すること、ハイステータスなクレジットカードの場合、年会費が数万円にもなることがあるのでせっかくのポイントも簡単に吐き出してしまうことになります。あとポイントサイトへの登録が必要なことと必ずそのサイトを経由するということを忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする